FC2ブログ

07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

うちのボン 

イヌ派の我が家にやってきた 保護猫ボンちゃんの可愛すぎる日常

生きるということを考える 


ベトナム旅行記 一昨日アップしました
 
コンビニはなかったけどダイソーはあったハノイ とか→ 
☆   ☆   ☆

14歳と9か月までは 自分の足で歩いていたまいちゃん(白茶のキャバリア)

15歳と5か月でお星さまの国に引っ越しするまでは

寝たきりちゃんだったので 至れり尽くせりの好待遇だったまいちゃん

DSC01365 2012秋 (9)


16歳と4か月になろうとするベベちゃんも同じ

歩けないのなら 人間がその足になってあげればいい
(お家の中で お散歩ベベちゃん)


自分で食べられない 飲めないのなら

自分の手で そっとお手伝いしてあげればいい


DSC02587 2013 8 5 (13)


トイレが出来ないなら 褒めながらチッチさせてあげればいい

本ワンが出来なくなった部分を人間が手助けするという介護

まいちゃんが亡くなった時に

「私も介護をしたかった 急に亡くなったので心構えができていなかった」

とおっしゃった方がおられました


DSC00777 2012秋 (74)

介護って ほぼ付きっきりになるということ


ベベちゃんも 30分に一回は 何かを飲ませたり 食べさせたり

体を支えて歩かせてあげたり。


こんな事を書いていいのか分かりませんが


正直 はぁ・・・って思った事もたくさんありました


IMG_1106 2011 (227)


その度に そう思った自分を後悔して

大泣きして 一つ一つ 進んでいって。

乗り越える というより 進んでいった という表現のほうが正しいかな。


IMG_1885_20130809192526c31.jpg


でも いつもその時に思っていたこと


この子は生きている

なぁんにも自分で出来ないのに 

必死に生きようとしている


そのことが どれだけこの子のストレスになっているだろうか。。。と。


そんな事を思っていたら 自分のストレスってバカみたいに思えたりして。


IMG_1896.jpg 


ご飯を食べるのも お水を飲むのも

寝返りをするのも トイレをするのも

場所を移動するのも 

全部全部 私と一緒


そのことで この子(まいちゃん)のストレスが減って

安心感に包まれてくれたらなーーって 


いつもそう思っていました
(壊れかけてた私が壊れずに済んだのはカプ夫さんのおかげ)

DSC00777 2012秋 (61) 

どんな事があっても

その子の体温を感じれるって とてもありがたい事


ももちぇりさん(ベベちゃんのおかしゃん)とたくさん笑いながら話していたら

最初 上体が起こせなかったベベちゃんも

page_20130809192725f4c.jpg 

途中から こんなに笑顔になったんだよ~

やっぱり笑顔って伝染するんだね^^

周囲が楽しそうにしていれば モフっこたちも嬉しくなっちゃうのね^^



だから うまくまとめられないけど

どんな 「バイバイまたね」のお別れをしても

モフッコ達の周りに いつも笑顔が溢れていれば

モフッコ達は とっても幸せってこと


DSC02587 2013 8 5 (5) 

ただ 一つ 思うこと


モフッコ達の命の灯は

モフッコ達自身が その灯の時間を決めれる世の中になればいいなってこと。


それには 難しい問題がたくさんあるけれど
(痛みと闘い続けないといけない子とか)

理由もなく 人間がその灯を消してはいけないということ


だって この子たちは どんな時だって

人間を信じて 一生懸命


IMG_0602_20130809192723e86.jpg 


生きてるんですものね
                 体温を感じれるってほんとにほんとに幸せな事

今日のコメントのお返事 お休みさせていただきますね

にほんブログ村 猫ブログへ banner.gif
にほんブログ村 猫ブログ 人気ブログランキングへ

 いつもボンちゃんの応援ありがとうございます


スポンサーサイト



Posted on 2013/08/10 Sat. 10:30 [edit]

category: まい・けん・ボンちゃん

thread: 犬猫のいる生活  -  janre: ペット

TB: 0    CM: 11

10