FC2ブログ

03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

うちのボン 

イヌ派の我が家にやってきた 保護猫ボンちゃんの可愛すぎる日常

輪島白米千枚田 オーナー認定書 

ベトナム旅行記 一昨日アップしました 白線越えたら衛兵隊に笛吹かれます なホーチミン廟  → 
☆   ☆   ☆
IMG_7861 2015 3 (1056)

今年も届きました  輪島千枚田オーナー認定書

思い起こせば4年前 

この美しい棚田の風景を守ろうと 一生懸命作文を書き

IMG_2251 田植え (2) 

その熱意を認められ めでたくオーナーに。

最初は4軒あった棚田農家さんも 去年ついに1軒に。

IMG_7861 2015 3 (1058)

幾何学模様 そして 細い畦道 急こう配の棚田のため

全て手作業で行われます

刈り取った雑草とか 稲も肩に担ぎ 急こう配をテクテク登る作業

IMG_7861 2015 3 (1061)

一番作業が大変な夏に

120716_121603b_2014032119130847a_201503242033408d5.jpg 

カプ夫 腱を切る

片道4時間半くらいかかる場所なので

IMG_7861 2015 3 (1067)

朝3時くらいに起き ひたすら車を運転するにゃうわん
(カプ夫さんはお仕事から寝ずに田んぼなので)

あと1時間で田んぼ到着というときに

「ねーーねーー もう帰ろうよ 」

とのカプ夫の発言やら

IMG_7861 2015 3 (1103)

毎回 作業が始まってすぐにどこかへ逃避行しにいき

作業が終わる頃 ご機嫌で田んぼに戻ってきて

「ねーーねーー もう帰ろうよ」

IMG_7861 2015 3 (1113)

もう帰る・・・

この棚田を守りたいと あつーーく語っていた気持ちとは裏腹に

作業中 ぜーーんぜん帰ってこないので

「ブラジルまで行ってきたんか」 と 毎回本気で思う。

IMG_7861 2015 3 (1133) 

そのうち  「カプ夫さんをリードでつなげば?? 」 と素敵な提案をいただき

ほんとにつなごうと思った去年

珍しく 田んぼを頑張ったカプ夫さん

IMG_7861 2015 3 (1158) 

江戸時代に作られたというこの棚田

どうしてこんな大変な場所にあえて田んぼを作ったのか。

IMG_7861 2015 3 (1159) 

すべて人力で作るということ

人の手 = 優しさ

お米一粒一粒に対する感謝。。。


それを 江戸時代の人たちは 私たちに伝えたかったのでは・・・・・・

と。

IMG_0001 2014 7 (411) 

その人たちの気持ちを受け継ぎ

今年も田んぼ頑張ります

IMG_7861 2015 3 (1118) 

ボンちゃんもいつもお留守番がんばってくれてありがとね^^

農婦がんばります コメントのお返事お休みさせていただきますね
にほんブログ村 猫ブログへ 
にほんブログ村 猫ブログ 人気ブログランキングへ

 いつもボンちゃんの応援ありがとうございます

スポンサーサイト



Posted on 2015/04/03 Fri. 22:10 [edit]

category: 田んぼ

thread: 猫のいる生活  -  janre: ペット

TB: 0    CM: 11

03