02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 04

うちのボン 

イヌ派の我が家にやってきた 保護猫ボンちゃんの可愛すぎる日常

お花 

ベトナム旅行記アップしました 30年ぶりの再会 コチラ
☆      ☆      ☆
今日は自分への戒めも込めて お花のこと。
IMG_4963_201703032037572b1.jpg

久しぶりにお花の教室に行ってきました

自由に作っていいよ とおっしゃったので

白 ピンク ブルーのお花から 白とブルーのお花のつぼみのみをチョイス
(ほんとは全部使うのですが 自分のイメージと違ったので)
IMG_4975_2017030320380231a.jpg

とてもオーソドックスな流れるスタイルのブーケにしたつもりだったのですが

「あなたらしい作品ね 個性が(笑)」と先生。(でも珍しく手直しなしでした^^v)

意外だったのが
自分でオーソドックスと思っていたのが 個性的という評価をいただいたこと。

IMG_4966_2017030320380056a.jpg

「その個性は武器になるのよ。 個性的ということはその個性を認めてくれる

ファンがつくということ でもファンがつくということは反対に 

その個性が好きじゃないという人もいるということ。

だから その個性は自分の引き出しの一つとして大事にしておいて

自分では絶対作らないであろうパターンのも練習する必要がある

IMG_4964.jpg

おしゃれなお花屋さんと同時に 町のお花屋さんも必要ということ」

と。

IMG_4978.jpg

やっぱり私の先生はすごい。 技術だけでなくって お花を作るということの

大切さとかをいつもこちらから聞くとどんどん話してくださる
(私のお花の先生のそのまた先生は最年少でワールドチャンピオンになられたすごい方 というのを最近知りました)

IMG_4871.jpg

数か月前からリースを作っているのですが それを始めた理由とか

夢とかを話していたら 「ほぉ~ そーだったのね」 と

いろんなコツとか 作品をたくさん見せてくださり その場の状況を

動画で撮っておきたかったーーって思ったくらい濃い濃い時間でした

IMG_4591.jpg

お花のプロフェッショナルを卒業してから つい通う回数が減っていたのですが

まだまだいっぱい学ぶことがあった。 

「自分が絶対作らないだろう作品をマネして作ってみると 苦手なところが

いっぱい見えてくる 違うところに目を向ける そして いろんな場所に行って

いろんなものを見て そこから感じ取るものを大事にして 形にする 

私は最初の頃はそうしてきたの」 と。 

IMG_3753_20170303203834068.jpg

私の課題は おしゃれなお花屋さんと 町のお花屋さんのそれぞれの

雰囲気を大事にした作品を作ること。 そしてもっと腕を磨いて

IMG_3751.jpg

自分の夢を形にしていけたらいいなーと思っています♪

にほんブログ村 猫ブログへ 
にほんブログ村 猫ブログ 人気ブログランキングへ

 いつもボンちゃんの応援ありがとうございます

スポンサーサイト

Posted on 2017/03/03 Fri. 22:10 [edit]

category: ボンちゃん れおん君

thread: 犬猫のいる生活  -  janre: ペット

TB: 0    CM: 11

03