FC2ブログ

08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

うちのボン 

イヌ派の我が家にやってきた 保護猫ボンちゃんの可愛すぎる日常

幸せと 安楽死と 

今年も365日わんこ・にゃんこ カレンダーのモデルさん募集が始まりました

      詳しくは こちら ↓

チビにゃん’sとfemiのがんばっていきまっしょい!!

Well Cat Home タンタン
                        我が家のモフッコ達です
2013_wanko_nyanko_calendar_300.jpg 
                    モデルさん募集締め切りは8月15日です


☆     ☆     ☆

先日は友達の猫ちゃんの病気の情報
そして温かいメッセージありがとうございました

この子はマンションの空き部屋のベランダで友達が保護した子
 
「この子を里子に出したら また捨てられて 辛い目に遭うかもしれない」
そう思った友達が自分ちの子として 育てていました

IMG_6519 2012 (3) 


人は怖いけど ニャンコにはベッタリ 
(彼女の家には保護ネコちゃんが他に10ニャンいます)

みんな優しい子ばかりなので 先輩ネコちゃんが この子と寄り添ってくれてました

IMG_2780 2012 (3) 

病気が発症した時の彼女の言葉です


望みは捨ててません。 
まだまだ、これから
たくさん、この子と経験する事が あるんですもの。



私たちはペットと言われる存在の面倒を見ているんじゃなくって
一緒に支え合いながら 人生を歩んでいます

IMG_9541 2012 (34) 


なついてないから 私に抱かれながらも 必死に口を開け威嚇してました。

やっと抱っこ出来、抱きしめる事が出来たのが こんな形で。
病院まで向かう間、たくさんなでて、頬ずり、キスも出来ました。
手も ずっとにぎったら
ツメをたてて にぎり返してくれてました。



IMG_3801 2012 (13) 


病気を発症してから ずっと獣医さんに安楽死を進められていた友達

その選択は出来ませんでした


もし 自分のモフッコ達が 治療方法がなくて 
ずっとずっと痛みと闘わなければならない病気になった時

私ならどうするんだろう

この子は生きている でも一生痛みと闘わなければならない
痛みを感じている時でも 私の顔を見たら 安心してくれるだろう

私もずっと大切な子を抱っこして お顔を見ていたい
その体はあたたかくて 小さな鼓動も伝わってくるんですもの 
でも このひと時の安心感の後は 再び痛み苦しみとの闘い

私ならどうするだろう

IMG_9503 2012 (2)


友達の仔猫ちゃんは 情報をお願いした次の日 
友達の腕のぬくもりを感じながら お星さまになりました
生まれて 9か月 輝いていた命でした



姫ちゃんが寝たきりになってから
時々 姫ちゃんの事を 「ボンちゃん」って呼んでしまいます
IMG_9541 2012 (58)
     あら、 アタチ姫ちゃん 本名はまいちゃんよ

ゴメンゴメン

「寝たきり」って感覚じゃなくて 寝たまま=ベイビー

いつまでたってもアマアマのベイビーボンちゃんが増えた気分になって
ついつい 名前を間違って呼んでしまいます


cats_20120808165133.jpg 

って思ってたりして^^;


これからも呆れられちゃうくらいラブラブでいようね~

cats3_20120808165132.jpg 


ハイハイ 何度でもぉ


私にとっては この子たちはいつまでたっても
可愛い可愛いベイビーちゃん

DSC00156.jpg 

これからも一緒に色んな事を楽しんでいきましょうね 

小さいけれど いてくれるだけで 心強い大事な子たちです


cats1_20120808165133.jpg 


ボンちゃんがネンネしてる窓の向こうには

IMG_4011.jpg 

秋の栗が 青いイガイガをつけていました

お外の子たちにとって 過ごしやすい季節もあともう少しかな。


せりちゃん お空の世界でも幸せにね

昨日 せりちゃんと一緒に保護したはるくんもお星さまになりました
朝までいつもどおりだったので そのままお仕事に行って
帰ってきたら 友達がいつも座っている場所で1人冷たくなっていたそうです
FIPは一度発症すると治すことができない。こんな病気 この世から早く撲滅されますように。


今日 真面目に農婦します  お野菜が伸び放題です
コメントのお返事 お休みさせていただきますね

 にほんブログ村 猫ブログへ    br_decobanner_20120107185040.gif
   ボンちゃんの応援よろしくお願いいたします 
スポンサーサイト



Posted on 2012/08/09 Thu. 10:30 [edit]

category: ブログ友達

thread: 犬猫のいる生活  -  janre: ペット

TB: 0    CM: 12

09

コメント

いろいろと 

大切な家族がお星様になってしまう、喪失感やつらさは計り知れないですね。私も子猫(8ヶ月でした)を亡くした事があるので、いたたまれないです。お友達の心にまた春がやってくる事を心か願っています。
いろいろ考えさせられる記事で、ぐっとこみ上げてきたり、ウルウルしながら読ませていただきました。

先日、生まれてこの方モフっ子達と暮らした事のない友人と話をしていた時、私の猫ばなしを聞いていたその友人が「猫にも感情があるんだね」と言ったのでした。
その友人はその日も猫の通院に心良く車を出してくれたり、私の事も気遣ってくれるやさしい人なのですが、その発言にびっくり。
一緒に生きているのに・・・。
ただ、知らないって事なのでしょう。もしくは、表現を間違った。
でも、やっぱり知らない、分からないって事だけでも時にはとげになって突き刺さったりするんだなと思いました。

私は、モフっ子達と出会えて幸せですにゃ。

URL | にゃすお #- | 2012/08/09 12:04 | edit

ご冥福を。 

こんにちは、にゃうわんさん!

この世には多分、
人の力では、どうしようもないこと。
やり切れないことがあります。

もちろん、そんな困難を前に逃げだすのではありません。
微力でも、叶わないと知っていても、
人は闘うのだと思います。
それが、愛する者のためなら尚更。

だから、僕は常に現実と笑顔で向き合おうと、
思っています。

それが、例え辛いことでも。
その覚悟が、動物を飼うことにも、
誰かと生きていくことに必要な気がします。

人は、一人で生きていけないのだからね。

現実と寄り添って、
優しく強くいられたたと思います。

二人の子も、短い命だったかもしれないけど、
きっと精一杯生きて、
最後には、幸せに触れられたと思いたいです。


せりちゃんとはるくんの
ご冥福をお祈り申し上げます。

URL | やっぴえろ #- | 2012/08/09 15:58 | edit

涙が・・・ 

せりちゃん、はるくん、がんばったね。
優しいママの温もり、ママの匂い、ちゃあんとお空まで
持って行けたかな。
お友達も、お辛かったことと思います。
ご冥福をお祈りします。
にゃんこのことに関しては、100%に近く無知な私。
針の先ほども力になれず、ごめんなさいね。

安楽死。
これについては、私も何度も考えたことあります。
現実にその問題を突きつけられたことはないけど、
いつ我が身に降りかかることか、わかりませんから。

でも、何度考えても、これが正解なんて答えは見つからなくて
そうなった時に、愛する我がコの顔を見て決断した答えが
全てなんだろうなぁって思います。

それを突きつけられた時の環境って、苦しみもがく
我がコを目の前にして、このまま生かしても地獄、
安楽死させても地獄ではないかと思うのです。
まさに、胸を締め付け、心を握り潰されるような
苦しみだと思います。

それでも、どちらを選んでも、きっとこのコ達は、大好きな
パパやママの顔を見ながらのお別れなら、何も怖くないのでは
なかろうかと、そう思うのです。

動物たちはいつも、命の灯が消えるその瞬間まで、
生きることだけしか考えない、死を疑わない。
そこには、私たちヒトが学ぶことはとても多いですね。

こう書き綴りながら、せりちゃん、はるくん、そして私の
全ての愛情の対象であるべべを思い、文字が滲んで
見えづらくなってしまう私なのでした。


農婦お疲れ様、頑張りすぎてバテないようにね☆

URL | ももちぇり #- | 2012/08/09 16:30 | edit

 

にゃうわんさん、こんにちは!
農婦業、お疲れ様です。

そうでしたか・・・お友達の家の子、天使になったんですね。
9ヶ月・・・きっとうーーーんとお友達の愛情を受けて、輝いた一生だったでしょうね。
せりちゃん、今頃天国で楽しい思い出話をほかの子に自慢してる頃かもしれませんね。
そしてはるくんも、一生懸命病気と闘って天使になったんですね。
はるくん、せりちゃんと天国で出会ったかな?

せりちゃんとはるくんのご冥福をお祈りいたします。

安楽死・・・私もそんな状況になったら、どう決断するんだろう。

URL | aala #- | 2012/08/09 16:50 | edit

 

読んでいて涙が出ましたが、甘いですね私。
その方の胸の痛みを考えるとね・・・堪らないです。
究極的な選択を迫られたら、どうするでしょうか?
いくら考えても答えは出ません。
けれど、安楽死はできないだろうと思います。
その決断は、だらしない私には出来ないだろうと・・・・。

神様にすがるだけなんだろうな~・・・・。

URL | オードリーママ #mQop/nM. | 2012/08/09 19:02 | edit

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |  # | 2012/08/09 19:02 | edit

 

つらくて涙が止まりません。
お友達さんの心中を考えると胸が痛いです。

でもきっとせりちゃんは、少しの期間でもお友達さんと一緒にくらせて、最期まで一緒にいてくれる人がいてよかったと思います。

保護してくれていなかったら、ひとりで痛みと闘ってつらかったでしょうから…。

どうか天国では、はるくんと一緒に元気に走り回って幸せでいてほしいですね。

URL | tifomie #- | 2012/08/09 21:18 | edit

 

せりちゃんとはる君のご冥福をお祈りいたします。
世の中には正解のない事や矛盾がいっぱいあって、頭で分かっていても心が追い付かない事柄がありますよね…
安楽死もその中の一つですね。
この間他界したおばあちゃんは、いっぱい病気をして散々痛い思いをして、最期は手の施しようがない状態でした。
それでも親族は安楽死を選択しないで、命が尽きるまで介助を続けました。
これで良いのか、良かったのか、いろんな意見があると思うのですが、最期の最期まで懸命に呼吸をしていた姿を見ると、生物って結局は、最期まで生きるように作られているんだなって思いました。
(口がきけたら安楽死を望んだかもしれないですが…)
私もにゃうわんさんのお友達と同じ立場になったら、きっと安楽死は選択出来ないと思います。

うちもお野菜フィーバーがまだまだ続いております…
記憶を遡れば、茄子とピーマンとししとうとトマトを使ったレシピばかり(^_^;)
でも今年は夏バテ症状全くなし!
お野菜に詰まった大地のパワーって侮れませんね(・ω・´)!

URL | 蘭丸 #- | 2012/08/09 22:00 | edit

 

皆さんの愛情が、キラキラしていて眩しいです!!

介護したり闘病するのは大変な事ですが
一緒の時間は、やっぱり愛おしいと思います。
そして、大変で苦しいけれども嬉しい時間でもあると思います。

時間の大切さを小さな命から教わるんですよね。

URL | うみ #H6RSI4P. | 2012/08/09 22:07 | edit

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |  # | 2012/08/09 22:34 | edit

こんにちは 

一度発症すると治すことができない病気
もっと 医学がすすんで
治療で 助かるよーに なってほしいですね

お星さまになった せりちゃんと はるくん
にゃうさんのお友達の 愛を 沢山 もらって
お空で お友達に わけてあげてると思います

せりちゃんと はるくんの
ご冥福を お祈り致します

URL | kotone #- | 2012/08/10 08:12 | edit

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |  # | 2012/08/11 20:45 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://kyawaiineko.blog10.fc2.com/tb.php/770-034f9091
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list