07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

うちのボン 

イヌ派の我が家にやってきた 保護猫ボンちゃんの可愛すぎる日常

記憶の中で 

cats_20121114205011.jpg
チビにゃん’sとfemiのがんばっていきまっしょい!!
Well Cat Home タンタン

☆   ☆   ☆

ベトナム旅行記 本日 アップしました お時間があればご覧くださいね
ホーチミンのパン屋さん ケーキ屋さん→

☆   ☆   ☆   

モフッコたちがお世話になっている獣医さんが
脳の病気を持つ高齢のワンちゃんの飼い主さんに言われた言葉です

「この子は十分頑張ったんだよ  だからこれ以上治療せずに
 穏やかに過ごさせてあげよう  十分頑張ったんだから」


IMG_2154 2012 秋 (49)


そのワンちゃんは 手術 たくさんのお薬 注射 点滴
いろんな治療を頑張りました

その時はかなり高齢

でも飼い主さんは 
「どんな治療でも構わないので 一日でも長く生きさせてあげてほしい」

そうおっしゃいました


(74) 2012 1

長く生きさせてあげる

長く生きてもらう

似ているけど ちょっと違うかな

生きさせてあげる 

モフッコたちのことよりも 自分の気持ちを中心に考えた言葉かな


でも気持ちはとてもよくわかります

愛する存在には 一秒でも一時間でも一緒にいたいですもの

本心はそうであっても 現実はとっても厳しいもの

IMG_1220 2012秋 (94)

ブログで出会ったネコちゃんに 病気と闘った子がいました

飼い主さんは 病院 治療 そして ネコちゃんとの間で

ずっとずっといろんなことを考え 悩み 真正面に向き合ってこられました


DSC00289.jpg


いつも側に居てくれたシルバー

食事の時は横にきて手で私に触り「何か頂戴」といつもおねだりしていたシルバー

寒い時は私の布団にもぐりこみ時には枕を共有したシルバー



IMG_2154 2012 秋 (23)

夏にはベッドのすぐ下で寝ていたシルバー

外出から帰ると2階から降りてきてお帰りをしてくれたシルバー

ベランダの網戸によじ登るお転婆娘のシルバー


IMG_1359 2012秋 (8)


ベランダに出ていても「シルバー中に入ろぅ」と声を掛けるとすぐに部屋に入ってきたシルバー

私がキッチンに行くと食事の支度が終わるまで食器棚の傍に座っていたシルバー



DSC00246.jpg

病気と闘っているシルバーちゃんの穏やかな寝顔を見て

こんな寝姿を見ていると何処が悪いの?ウソでしょと思える位普段と変わりなく寝ています。

今のこの現実が夢の中の出来事であったらと思います。

そうおっしゃっていました

一生懸命 頑張ったシルバーちゃん

12歳

2012年4月13日 虹の橋に行きました
 
この子が 萌が描く猫の色鉛筆画 の萌猫さんちのシルバーちゃん

ボンちゃんと似てるでしょ

2012082912591766f.jpg

その萌猫さんから

「ボンちゃんとうちのシルバーはとっても似ているんですよ
 ボンちゃんの絵を描かせてください」

と嬉しいお言葉をいただきました^^

2012_1126_210448-IMG_1712.jpg

萌猫さんが描いてくださったボンちゃん

肩の白い毛の細かい流れとか

お耳の中のホワホワの毛とか

じーーっと見つめる大きな瞳

萌猫さんの描かれる絵はいつも ホンワリとても優しくて

魂が吹きこまれています
(絵画展も開かれてるんですよ)

IMG_9667 2012秋 (17)


ふと思ったこと

似ているって 時には辛いものなんじゃないのかな?って


大事な子がお星さまになる

似ている子を見つける


思い出がいっぱいよみがえると思うんだけど

しばらくの間は 寂しさのほうが 一緒にすごした時の幸せ感よりも大きいのでは・・って


でも 今 こうやって お星さまになったシルバーちゃんと

似ていると言っていただけるボンちゃんを描いてくださった

IMG_9667 2012秋 (13)


今 萌猫さんがシルバーちゃんを思い出されるとき


シルバーちゃんとの楽しかった出来事

嬉しかったこと 幸せいっぱいの日々

そんなことと一緒にシルバーちゃんを思い出されるようになられたのかも?って


きっと毎日

シルバーちゃんはね~

シルバーったらね~

って ニコニコしながら お話ができるようになられたかな?

そうだったらいいな。。。って思います



ボソっとベトナム

フランス領だったベトナム

これはハノイの街並みなのですが
ガードレールはさておき
オレンジ色の屋根に白い壁

まるでフランスのプロバンス地方みたいな可愛いお家が建っていました

IMG_7963.jpg



にゃうわん畑のバラとハーブたち

cats_20121128184339.jpg


ボンちゃん 素敵な絵を描いていただけて 嬉しいね^^

よかったね^^

DSC01816 2012秋 (44)

心温まる贈り物 本当にありがとうございました

ずっとずっと

大切にします。

今日のコメントのお返事 お休みさせていただきますね

  にほんブログ村 猫ブログへ  br_decobanner_20120107185040.gif
   いつもボンちゃんの応援ありがとうございます
スポンサーサイト

Posted on 2012/11/29 Thu. 10:30 [edit]

category: ブログ友達

thread: 犬猫のいる生活  -  janre: ペット

TB: 0    CM: 10

29

コメント

 

シルバーちゃんと、よく似たボンちゃん。
こうして素敵な絵を描いて下さるなんて…そこまでにどれほどの思いがあったのでしょうね。
シルバーちゃんも、ボンちゃんも、一杯愛情を受けて過ごしたからこそ、表情が似てくるもかも…

私も、ブログを通じてお知りあいになった方の中に、闘病を支えておられる方々がいらっしゃいます。
知れば知るほど、簡単に「頑張って!」などとは言えない自分が居ます。
充分に頑張っておられるのも勿論知っていますし、何時も葛藤してらっしゃるのも充分に解りますもの…

いつか来る愛しいモノとの別れ。
その日が一日でも遠い未来であるよう祈るしかありません。
ただ、にゃうわんさんの仰る「長く生きさせてあげる」と「長く生きてもらう」の違いはしっかり心に留めておこうと思います。

URL | 八朔かーさん #5Qkd.16Y | 2012/11/29 14:08 | edit

 

お久しぶりです。
いろいろな事がいっぺんにやってきてちょっと心が弱っていたのですが、うちの子の為にもがんばらねば、と少し復活!!してきた所です。
シルバーちゃんの記事読ませていただいて、萌さんのブログも訪問させていただきました。涙、涙でした。
でも大事に愛された猫ちゃんは幸せだな、とも思いました。
私もにゃうわんさんのブログを見るきっかけになったのは、うちのおミィがボンちゃんと似てると思ったから。
シルバーちゃんは同じ女の子だからかもしれないけど、更に似てる。
びっくりでした。
因みにわんこにゃんこカレンダーでは、おミィは7月16日に載せてもらっています。隣の隣がボンちゃんですよね?

URL | にゃすお #- | 2012/11/29 14:49 | edit

 

一目で「ポンちゃんに似てる^^」って思ったら^^
子供と言うより孫のようだと言われます
孫の居ない私には「我が子より可愛い子供達」
見送るつらさは何年経っても埋められないのも確か・・・
楽しかった思い出がたくさん有るのに、そこに居ない寂しさが・・
「ママは立直ったよ^^」
笑っていても涙がまだこぼれるのをどうする事も出来ません

URL | 茶チャママ #Wb6Olee. | 2012/11/29 15:04 | edit

 

こんにちは
ポンちゃんの絵を紹介して下さいまして有難うございます。

シルバーはポンちゃんに似ていました。
シルバーが亡くなった当初は目を閉じると苦しんでいるシルバーの姿しか浮かんできませんでしたが夏を過ぎるころから可愛い元気なシルバーを見ることが出来る様になってきました。
もうシルバーは居ませんが食事をする時もシルバーがそこに居るかのように「なぁに。何が食べたいの?」と話しかけてしまったりしています。
ポンちゃんに出会えて嬉しく思っています。
シルバーもこんな仕草をしていたな~
この顔シルバーにそっくり。
毎日ポンちゃんに会うのを楽しみにしています。

ポンちゃんは優しいにゃうわんさんに救われて幸せになれました。
これからも可愛いポンちゃんの姿をたくさん見せて下さいね。

ポンちゃんへ
いつまでも元気でもっともっと幸せになってね。

URL | 萌猫 #mQop/nM. | 2012/11/29 15:11 | edit

こんばんは~ 

読んでて涙が出てきました。

1秒1秒一緒にいる時間が少なくなる。
いつまで一緒にいられるのだろう・・・と、ふと考えてしまう時がある。
そんな気持ちを振り切って「今を一緒に大切に生きよう」と思いなおすこともしばしばです。宝物のような時間。

私もうちの子に似たわんにゃんを他のブログさんで拝見すると、うちの子への愛おしさがますます湧き上がってきますもの。

萌猫さんのお気持ちはいかばかりかとお察しする次第です。
でも辛い時期を乗り越えられて、ボンちゃんの日々のシーンにきっと微笑まれていらっしゃるのですね。

「生きさせてあげたい」と願ってしまうのは自然なことですが、どうしたらその子が穏やかに生を全うできるのかを忘れないようにしたい そう思いました。



URL | ariごろう #- | 2012/11/29 20:29 | edit

 

こんばんは。はじめまして。
自分がその立場だったら どうするのだろう・・・って思いました。
難しいね。
私なら どうするんだろう・・・

そんなことをかんがえさせられる ブログでした・・・・
ありがとう・・・

URL | ももまいママンnoko #2s2m3BF6 | 2012/11/29 23:47 | edit

おもかげ^^ 

こんばんは、にゃうわんさん!

僕もね、
10代の頃、ジョン君という犬を飼っていてね。
その子は僕が小学生に、
妹がどこから拾ってきて、
14年間、一緒に暮らしていました。

外犬で
毎日、僕が散歩して、エサをあげて。
もちろんスポンサーは両親でしたが。

ブログをはじめるようになって、
僕のあしともさんでもある
『アメリカン・ブルーさん』のところで、
『ルナちゃん』って、Mダックスの女の子を見つけました。

この子が、犬種も性別も全然違うけど、
眼差しが、すごくジョン君に似ていて、
どんな姿を見ても微笑んでしまいます。

僕の場合、とても前の話だけど、
その子の面影に似た子に会えるって、
なんか、言葉では表せない、
やんわりした、優しい、切なく
そんな気持ちなる気がします。

萌猫さんが同様かは分かりませんが、
ボンちゃんが、
心を温めるお手伝いが出来たらいいですよね^^

あっ、ボンちゃんはいつも通りでいいんだよ^^

URL | やっぴえろ #- | 2012/11/30 05:12 | edit

こんにちは 

少し 話が ずれますが
祖母が 病気で倒れて
延命処置をされて
人工呼吸器で 生かされてる姿
見てるの 辛かったので
外してやれないものかと 口に出して 言ってしまいました
少しでも長く 生きてる姿を 見せていて欲しいという 気持ちと
苦しい思いをさせるなら・・・って 気持ちが 入り混じって とても 複雑でした
ペットにしても 一緒に 暮らしてると 家族
こういう選択を しなきゃ いけなくなったら
かなり 心の葛藤が あるでしょーね

URL | kotone #- | 2012/11/30 10:36 | edit

 

いつもブログ拝見させていただいています。
コメントも残さずにすみません…
とても元気で天真爛漫なボンちゃんを見るのがとっても楽しみで。

今回の記事お萌猫さんが自分と重なって。
似ている子を見つける事は辛いことじゃないんです。
むしろとってもうれしくって。
あ、元気な姿でこんなとこに暮らしてるとか思ったりもして。
少し前にブログに私も載せたことがありました。
http://noccononyanko.blog.fc2.com/blog-entry-44.html
あまりにもそっくりな猫ちゃんを見つけたときの
なんて言っていいのか、悲しさより嬉しさでした。
それでね、またまたビックリしたんです。
シルバーちゃん、うちのにゃん子にソックリだったの。
女の子だからなのか。。。
またそっくりなにゃんこを見つけて嬉しかった。
残念なことに、お空に行ってましたね。
長々とすみません。
これからもボンちゃんの元気な姿楽しみにしています。

URL | にゃんこの母ちゃん #- | 2012/12/02 00:21 | edit

Re: タイトルなし 

にゃんこの母ちゃんさんへ

こんばんは^^
私もいつも楽しく拝見させていただいてます

コメントありがとうございました
読ませていただいてホッと安心しました
10月19日の記事も拝見しました
萌猫さん、ボンちゃんを見るたびに
シルバーちゃんを思い出されて
辛い気持ちになられないかしら。。って
それが心配でした
でも絵を描いてくださると知った時
シルバーちゃんの思い出が楽しいものに
変わったかな?ってちょっと安心したのですが
にゃんこの母ちゃんさんからの
コメントを読ませていただいて
とても安心しました^^

ボンちゃんとそっくりのお空にいった子の
ご家族に少しでも笑顔になっていただくため
これからもボンちゃんの可愛い姿を
お伝えできれば。。と思います
これからもよろしくお願いいたします(*^。^*)

URL | にゃうわん #- | 2012/12/02 01:20 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://kyawaiineko.blog10.fc2.com/tb.php/889-bd4ff376
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list